ピンボール味

Student interview 学生インタビュー 商船系高専・商船系大学で学ぶ学生たち

NAVIGATOR.03

航海士希望

鳥羽商船高等専門学校

S.Tさん

#商船系高専 #鳥羽商船高等専門学校 #航海士

Q1 外航船員になろうと決めた理由は?

入学当初に、教官方や部活動の先輩方から、内航・外航海運について教えていただき、更に自分で調べ、世界中を船で行き、日本を支える外航の航海士になりたいと、当時から思っていました。インターンシップで、外航海運の会社に行き、その後、帆船日本丸でのハワイへの遠洋航海を経て、外航船員として働きたいと強く思い、決定しました。

Q2 学校の勉強や部活、
生活はいかがですか?

外航船員になるということで、より英語を勉強しています。部活はソフトテニス部に所属し、主将を務めました。現在は引退しましたが、たまに体を動かしに同級生と顔を出しています。

Q3 最初の乗船実習前に
不安や期待はありましたか?

船酔いをしないか、睡眠をとれるか等いくつかありましたが、全て杞憂に終わった為良かったです。

Q4 乗船実習体験で一番印象に
残っていることを教えてください。

ハワイへの遠洋航海中に見た星空は、非常に印象に残っています。外航船員になる理由の一つとして挙げる程、綺麗で感動しました。 

Q5 乗船実習体験の
感想を教えてください。

もう一度やりたいかと言われると困りますが、振り返ると非常に楽しく有意義な時間だったと思います。乗船前は不安もあったはずですが、気にしている暇もない程、あっという間に過ぎた乗船実習でした。

Q6 将来、外航船員としての
夢を教えてください。

 航海のスペシャリストとして、世界中の海域で活躍できるよう、努力していきたいと思っています。また、咄嗟の判断力や、何事にも動じず落ち着いて行動できる精神力を持った船長になりたいと思います。

Q7 外航船員を目指す人へ一言

世界中の海域を航行出来る職業は、外航船員以外無いと思います。暑かったり、寒かったり、海が荒れていたりと大変な事は多々あると思いますが、それを乗り越えた後の景色や充実感はなかなか味わえないのではないかと思います。私もようやくスタートラインに立ったばかりですが、これから外航船員を目指す方々に恥ずかしくないように頑張っていきたいと思うので、ぜひ、外航船員を目指していただければと思います。

一覧へ戻る